カテゴリー: ディスカウント・ストア

今年のホリデー商戦は前年度比3.6%から5.2%増加、2020年10月の小売売上高は9月から0.3%増加、前年度比で5.7%

11月 23, 2020 アパレル オンライン・リーテイラー オート用品ストア カー・ディーラー ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ スーパーマーケット ディスカウント・ストア デパートメント・ストア ドラッグ・ストア ファーニチャー・ストア フードサービス ヘルス&ビューティー ホーム・インプルーブメント・センター 会員制倉庫型店 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 経済 0

全米小売業協会(NRF)は、今年のホリデー商戦(11月と12月)の売上が前年度比3.6%から5.2% 増加して、総額7553億ドルから7667億ドルになるとの予測を発表した。これは、昨年の4%増加、過去5年平均… 続きを読む

COVID-19第3波の影響で失業保険受給者4.4%増加

11月 19, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 経済 0

このところCOVID-19の感染者が急増しているが、今日時点で新規感染者は17万人以上、総数では1200万人に近づいている。比例して失業保険受給者も増えており、11月14日の週の新規申請者数は74.2万人となり、先週より… 続きを読む

「ターゲット」好調な2020年度第3四半期業績結果を発表、既存店売上は20.7%増加

11月 18, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、2020年度第3四半期の売上が前年度比21.3%増加して223億ドル、営業利益は93.1%増加して19億ドル、純利益は43.6%増加して10億ドル、1株あたりの利益は46.3%増加して$2.01だったと発表… 続きを読む

「ウォルマート」好調な2021年度第3四半期の業績結果を発表

11月 17, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、10月31日で終わった2021年度第3四半期の総売上が前年度より5.3%増加して1338億ドル、会員費収入を含む総収入は5.2%増加して1347億ドル、営業利益は22.5%増加して58億ドル、純利益は56… 続きを読む

「ウォルマート」日本の西友の大部分を売却

11月 16, 2020 スーパーマーケット ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、日本の子会社である西友の85%の株式を投資家グループのKKRおよび楽天に売却すると発表した。KKRは株式の65%、楽天は20%を取得し、ウォルマートは残りの15%を継続保有し、西友全体の時価総額は16億ド… 続きを読む

「ウォルマート」再び来店顧客数管理、大手スーパーではトイレットペーパーなどを購入数制限

11月 14, 2020 スーパーマーケット ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、最近急増しているCOVID-19感染者対策として、来店客数の管理を今日から始めている。まだ入店制限はしていないが、4月には1000平方フィートあたり5人ほど、収容人員の20%程度に制限していた。一方、クロ… 続きを読む

「ウォルマート」配送センターの一部をポップアップeDCに改装

11月 12, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

今年のホリデー商戦は、オンライン注文が急増すると予測されており、ウォルマートでは、オンライン注文の対応に、同社の配送センターの一部をポップアップeDC(仮設電子コマース配送センター)に改装すると発表した。同社のリージョナ… 続きを読む

「ターゲット」ビューティー小売チェーンの「アルタ・ビューティー」と提携してショップ・イン・ショップを展開

11月 11, 2020 ディスカウント・ストア ヘルス&ビューティー 流通業 0

ターゲットは、アルタ・ビューティーとの戦略的提携によって、アルタ・ビューティーのショップ・イン・ショップをターゲット店舗内に開設すると発表した。アルタは百貨店ライン以外の化粧品を含むビューティー商品を在庫、全米50州15… 続きを読む

「ウォルマート」電気自動運転車による配達で「クルーズ」と提携

11月 10, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、再生可能なエネルギー使用推進の一環として、GM傘下の会社である「クルーズ」と提携して、電気自動運転車による配達サービスをアリゾナ州スコッツデール地域で来年からテストすると発表した。ウォルマートは、2時間以… 続きを読む

「ウォルマート」在庫確認ロボットのテスト中止、未来店舗をテスト開店

11月 2, 2020 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、店内の商品在庫の確認に、「ボサノバ・ロボティックス」が開発したロボットを導入していたが、その契約を破棄したとウォール・ストリート・ジャーナルが報じている。理由は、費用対効果が低く、プロセス改善によって社員… 続きを読む