10月 25, 2019 ディスカウント・ストア 流通業 0

通常、11月から始まるホリデー商戦前に、ウォルマートは今年のホリデー商戦を早めに始めると発表している。ウォルマートでホリデーの多くの買物を計画している顧客のために、より多くのギフトや玩具を低価格で揃え奉仕する。10月25日からホリデー・セービングとなる「アーリー・ディールス・ドロップ」のセールをウォルマート・コムで始める。また、買物をより簡単にするテクノロジーを導入、新しく「ギフト・ファインダー」を加え、贈物を受け取る人達のタイプを40種類に分け予算を入れると、最適なギフトが提案される。11月1日に発行されるトイ・カタログは、アイフォーンとアンドロイドの機器のアプリよってスキャンして購入する事が出来、このカタログには150種類以上のウォルマート専売商品が含まれる。モバイル機器を持つ社員によって精算が可能な「チェック・アウト・ウィズ・ミー」は、国内の全スーパーセンターに導入され、通常のレジ以外のガーデン・センターのサンタランド、家電売り場、レジ近辺に配置される。「ザ・ドットコム・ストア」のサービスも全スーパーセンターに導入され、社員が顧客と共に、店舗ピックアップまたは配達でオンライン注文を行ってくれる。これらのサービスは、既に提供されている、「ピックアップ・トゥデー」、無料の「2日間配達」、「オンライン・グローサリー・ピックアップ」と「配達」などと共に提供される。

まだハロウィーンも終わっていないが、ホリデー商戦が始まっている。今年はデジタル販売が店舗販売を超えると予測されており、各社の販促合戦となる様である。