8月 31, 2020 アパレル オンライン・リーテイラー スポーティング・グッズ スーパーマーケット ダラー・ストア.チェーン ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 会員制倉庫型店 家電・電子機器チェーン 流通業 0

2020年第2四半期(5月-7月又は近い期間)の業績が続々と発表されているので、少しまとめてみた。まだ発表されていない企業もあるが、全体像がある程度わかる。好調な企業は、アルバートソンズ、ディックス・スポーティング・グッズ、ベスト・バイ、ターゲット、ロウズなどで、悪いのは百貨店となる。アパレル・チェーンは比較的健闘しているところが多いので、近日中にデータを加える予定。この業績で、COVID-19がどのくらい影響しているかは計りにくいが、必須小売業と見做されなかった百貨店、アパレルなどへの影響は大きかったと推測できる。第3四半期には、ほとんどの小売業が再開され、国の給付金や失業保険割増などの影響がなくなるため、企業力にそった業績に変化すると思われる。

注:国内販売のみ、伸長率は前年度比でガソリン販売除く
*四半期が異なる場合は一番近い四半期