10月 18, 2020 デパートメント・ストア 流通業 0

百貨店チェーンのノードストロムは、オンライン注文の、ノードストロム・ラック店でのピックアップ・サービスを開始すると発表した。今月から、同社の顧客はノードストロム・コム、ノードストロムラック・コム、オートルック・コムでオンライン購入した商品を、最寄りのノードストロム・ラックでピックアップできる様になる。ノードストロム百貨店とノードストロム・ローカルでは、昨年から提供されていたサービスで、ラック店を加える事で、顧客の便をさらに高める。また、ラック店でオンライン注文のフルフィルメントを始め、顧客にさらに拡大された在庫商品を提供する。同CEOのエリック・ノードストロムは、「顧客により多くの選択肢を提供し、より速く便利に商品を届けるのが我々の差別化戦略です。」と述べている。

オンライン販売は、フルフィルメント・センターからの発送から、店舗フルフィルメント及び店舗ピックアップ・サービス併用に移行しつつある。ウォルマートやターゲットなどでeコマース拡大に成功しており、他の小売業にも広がっている。ただ、店舗在庫とフルフィルメント・センター在庫によって扱いが違うため、フルフィルメント経費が嵩む傾向にある。特に、オフプライスのラック店などでは、在庫予測が難しいため、店舗フルフィルメントはさらに複雑になる。顧客サービスとして考えるしかしょうがないのだが、フルフィルメントの生産性向上は、今後の緊急課題となると思われる。