11月 15, 2020 Uncategorized 0

ダラー・ストア・チェーン大手のダラー・ジェネラルは、17000店目となる店舗を、コロラド州ファウンテンで11月14日に新開店したと発表した。同社は、2006年にコロラド州に進出後、60ヵ所ほどの店舗網に拡大している。新開店を記念して同地域のファウンテン-フォート・カーソン・スクール・ディストリクト8に$17000の寄付を進呈した。また同社は、10月初めに、「ポップシェルフ:popshelf」と呼ばれる新コンセプトの店をテネシー州ナッシュビルで今秋開店すると発表している。この店舗では、ホーム・デコア、ヘルス&ビューティー、家の清掃用品、パーティー用品、エンターテインメント商品などを、ほとんど$5以下の売価で揃え、全商品の95%ほどは$5以下となる。

ダラー・ジェネラルは店舗数だけだとウォルマーとの3倍以上となる。勿論店舗の広さが違うが、ルーラル地域では、近隣のディスカウント・ストアとして消費者に愛用されており、最近では食品を含む消費材の売上比率が増えている。一方、粗利の高い非消費材である雑貨商品にも注力しており、ポップシェルフはそれらの商品だけを集めて店作りをしている。近年成長している「ファイブ・ビロー」を意識したコンセプトだと思われる。