12月 19, 2020 スーパーマーケット 流通業 0

スーパーマーケット・チェーン大手のクローガーは、2020年に店舗、ピックアップ、デリバリー、宅配で最も人気のあった食品と飲料を発表した。1位は0カロリーのソフト・ドリンク、2位はメキシコ・ブレンドの4種類のシュレッド・チーズ、3位は様々な味付けのポテト・チップ、4位以下10位まではソーヴィニヨン・ブラン(白ワイン)、ヘビー・生クリーム、フレッシュ・バーガー・パティ、アーティサン・ブレッド(職人の焼いたパン)とレストラン・スタイルのパン、バルク(96個入り)一人用のコーヒー・ポッド、チョコレートのバラエティが入ったパーティーサイズ・バッグ、ブラック・フォーリスト・ハムとなる。リモート勤務やリモート学習など生活様式の変化によって、好まれる食品や飲料が変わってきていると、クローガーのチーフ・マーチャントであるステュアート・エイケンは述べている。また、2021年の食品の7つのトレンドも予測している。

Kroger shares the top trending foods and beverages of 2020.

家で過ごす時間が多くなっており、料理を楽しむ人達も少なくないが、やはり簡単に美味しく食べられるものが好まれるようである。新しいエキゾチックな味も人気が高い。