1月 14, 2021 コンビニエンス・ストア 流通業 0

アメリカ各地の空港内に1000ヵ所以上の売店を展開する「ハドソン」が、Amazonが開発したキャシアーレスのシステムである「ジャスト・ウォーク・アウト」テクノロジーを使った「ハドソン・ノンストップ」と呼ばれる店舗を展開すると発表した。2021年から選ばれた空港で展開され、1号店は、利用客の多いダラスのラブ・フィールド空港で第1四半期中に開店、その後拡大される計画である。顧客は、自分のクレジット・カードを使って入店、旅行で必要な必需品、エレクトロニクス、PPEなどを含む同社の「トラべラーズ・ベスト」ラインの在庫商品をピックアップし、そのまま退店できる。同社の社員は、チェックアウトの作業から解放され、フレンドリーな顧客サービスを提供する。

ジャスト・ウォーク・アウトのライセンスによる実際の導入は初めてになるかと思う。買物時間があまり取れない場所では、空港以外でも、ハイウェイの休憩所、学校などでも需要はあると思われる。「Amazon Go」の開店から2年ほど経っているが、当初の2000ヵ所展開計画の第一歩になるかも知れない。