3月 30, 2021 スーパーマーケット 流通業 0

スーパーマーケット・チェーン大手のアルバートソンズは、テクノロジー大手Googleと複数年のパートナーシップを発表した。Googleの検索、マップ、Google Pay、AIなどを利用して、アルバートソンズのグローサリー・ピックアップ/デリバリーを改善する。具体的には、Googleマップ上でグローサリー・ショッピングを始められる機能、AIを使った会話によるコマース(Conversational Commerce),AIの予測によるグローサリー・ショッピング・リスト作成などが含まれる。また、Googleのモバイル検索上で、アルバートソンズのグローサリー・ピックアップ/デリバリーの情報提供を行い、注文を簡単にする。この機能は今年中にGoogleマップ上にShoppable Mapとして加えられる。

両社のパートナーシップは既に始まっており、最近ではビジネス・メッセージを利用した、アルバートソンズでのCOVID-19のワクチン接種情報を提供している。アルバートソンズは、オンライン・グローサリー・ショッピングの将来性を強く認識しており、グーグルとの戦略的パートナーシップを含み、短期及び長期的な成長を目指している。モーニングニュースビート

Googleは、テクノロジー超大手4社GAFA(Google, Amazon, Facebook, Amazon)の1社として、特にオンライン・ショッピングに注力しAmazonに対抗しようとしており、アルバートソンズは、直接競合せず一般消費者と接点を多く持つGoogleとのパートナーシップが有効と考えている。ただ、これまで配達に関して、インスタカートなど他社を使っており、Googleとの提携が進み購入情報が配達提携会社に入らなくなると、提携が続かなくなる可能性がある。セーフウェイやボンズは、以前自社で配達も手掛けていたが、最近は全て下請けに変更されている。株式上場を控えているインスタカートの自社フルフィルメントが促進されるかもしれない。