9月 18, 2008 ダラー・ストア.チェーン 流通業 1

先日値上げを発表した99センツ・オンリー・ストアは、今度はテキサス州からの撤退を発表した。同州にある48箇所の店舗を閉鎖し、中心市場であるカリフォルニア、アリゾナ、ネバダに残る230店舗の経営に集中するというのである。競合地域であるテキサスでは、店舗の売り上げが伸びず、他の地域の店舗の売り上げの半分くらいしか上がらなかったとの理由である。一般的には、景気後退時に強い食品の構成比が、競合するダラー・ジェネラル、ファミリーダラーなどの比べて低かったことも原因していると思われる。因みに昨年から外食産業は不況にさらされているが、そのかわりに家庭内での食事が増えたようで、食品素材を売るスーパーマーケットなどの売上は成長している。