9月 11, 2008 ショッピング・センター 流通業 0

2008年初めから取り壊し工事が始まっているサンタモニカ・プレース・ショッピングセンターは、これまでのエンクローズドからオープン・モールに改装され、ビーチがみえる明るいショッピングセンターへと変身する。総額1億5,500万ドルのメークオーバーは、真ん中の円形のプラザを囲む形で店舗が造られ、大型店舗では、ブルミンデール、ノードストロムの入居が決まっている。1980年に完成した元のショッピングセンターは、ディズニー・コンサート・ホールの設計で知られる、フランク・ゲーリー氏によるものだったが、新しいセンターは、サンディエゴのホートン・プラザや博多のカナル・シティーなどの設計でも有名なジャーディ・パートナーシップによって設計されている。隣接する3rd・ストリート・プロムナードともうまく調和するように考えられている。