12月 30, 2008 デパートメント・ストア ドラッグ・ストア 流通業 0

ドラッグ・ストア・チェーンのライト・エイドが、ウェブサイトで減量プランを無料で紹介している。これはライト・エイド内で簡易クリニックを運営しているリンドラによって開発され、安全で効果の高い減量プログラムで、10週間で1割の減量が可能と云われている。このプログラムに参加すると、電子メールやウェブを使ったサポートも得られる。

ーーーーーーーーーー
 今年のホリデー商戦は、百貨店によるアパレルの値引率が非常に高かった為、アパレル・メーカー各社が、値引き分の負担増を百貨店に求めている。通常ホリデー商戦のマークダウンは、小売とメーカーによって負担が折半される事が多いが、今年は一部70%引きなど行われ、メーカーの負担が多くなっている。負担増を求めているメーカーは、リズ・クレイボーン、HMSプロダクションズなどで、百貨店ではメイシー、ディラードなどがの名前があがっている。
ロイター