11月 27, 2009 Uncategorized アパレル スペシャリティー・ストア フードサービス 流通業 0

ロサンゼルス市議会と、ウェスト・3rd・ストリート・ビジネス・アソシエーションは、商店街の大衆バレー・パーキング・サービスを、11月28日の土曜日から始める。この地域は、トレンディーなブティック、グルメ・ショップ、人気のレストランなどが集まり、ラシエネガ通りからフェアファックス通りにわたる市の西側の地域である。駐車場が少なく、道路のパーキングも混んでおり、このサービスを行う事によって、地域のビジネスに貢献する。これまでバレー・サービスは、レストランなどで行われてきたが、その為に、路面駐車が混んでしまい、他の顧客の駐車が難しくなっていた。地域のパブリックのバレー・パーキング・サービスを行う事によって、違う店舗やレストランを利用する顧客が駐車しやすくなり、地域の活性化にも役立つと考えられている。運営は、高級ホテルの元総支配人だった、ブラッド・サルツマン氏が経営するリージェント・ホスピタリティー・パーキングによって行われる。このサービスは、場所によって多少違うが、午前11時から午前12時まで行われ、12月20日までは土曜日と日曜日だけ提供される。来年からは毎日行われる予定である。料金は夕方の5時までは$3.50で、路面メーターの2時間の駐車代よりも安く、現在ある独立系のバレー・サービスより30%から50%廉価である。この大衆バレー・サービスは、地域のビジネス・アソシエーションと地域に駐車場を持つビバリー・コネクションやファーマズ・マーケットなどの協力で行われる。PRニュースワイア

ロサンゼルスの市街地では、駐車場の問題は深刻で、地域の店舗を利用する人達の障害のひとつとなっている。大衆的な駐車サービスと料金は、その解決方法となり、地域の活性化を促すと予測される。