8月 22, 2018 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、楽天のコボと提携した電子書籍販売を始めると発表した。コボは、ニョーヨーク・タイムスのベストセラーから子供用まで600万以上の書籍を持っており、これらがウォルマート・eBooksで購入できる様になる。また、オーディオブックのサービスも月額$9.99で購読出来る。3500ヵ所の店舗では、デジタル・ブック・カードが、40ほどの書籍で用意され、今週から発売される。コボの電子書籍リーダーは、ウォルマート・コムで今日から販売され、今週の終わりには、コボ・オーラを1000ヵ所の店舗でも販売を始める。コボの電子書籍リーダーに加え、iOSとアンドロイドの共同ブランド・アプリも今日から提供される。発売を記念して、最初の電子書籍購入は$10割引、オーディオ・ブックの定期購読は30日間無料で提供される。

アマゾンのコア商品と競合する事になるが、電子書籍販売シェアはアマゾンが75%ほどで圧倒的に優っている。品揃えと来店動機としての将来性を期待しているのだろう。