12月 13, 2018 オンライン・リーテイラー グローサリー配達 スーパーマーケット 流通業 0

先日インスタカートの配達料値下げをレポートしたが、アマゾンはホール・フーズ・マーケットとインスタカートの合意を近く破棄すると報じられている。インスタカートは、76ヵ所のホール・フーズ・マーケットで働く同社社員1415人の退去を来年2月から始める。同社はこれらの社員の75%は近隣の別の小売パートナーでの仕事を提供できると予測している。また、移籍を望まないか、移籍先が見つからない社員に対しては、3ヶ月分の一時金を支払う。ホール・フーズ・マーケットの配達契約は、2016年に5年契約で結ばれており、今回の措置は契約期間の短縮となる。アマゾンは、ホール・フーズ・マーケット買収後、自社配達を急速に拡大しており、現在60ヵ所以上の都市で提供している。違約金については公表されていないが、アマゾンによってある程度の補償がされたと予測される。レコード

アマゾンは、通常の商品でも自社配達を増やしており、傘下のホール・フーズ・マーケットの配達を手がけるのは、当然の成り行きだろう。また、店舗フルフィルメントのノウハウ蓄積としても必要と思われる。