6月 2, 2019 リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 0

アルディは、低価格で商品を販売するために、運営面でも生産性を追求している。梱包された箱の上部を切っただけの陳列、後部から補充すると傾斜でスライドしてくる牛乳のパックなど至る所に生産性向上の工夫が見られるが、商品の箱に付けられているバーコードにも工夫が見られる。四角い箱に限られるが、ほとんどの面にバーコードが印刷されており、向きもそれぞれ縦横に印刷されている。これによって、レジでは箱の向きを変えずにスキャナーを通すだけでバーコードの読み取りが可能となる。スーパーマーケット・チェーンでは、スキャンの速さを1分あたりのスキャン数でチーム毎に比べる競争を良く行うが、アルディの特注の箱を使えばさらに速くなると思われる。結構混んでいても、少人数のキャシアーでこなしているアルディは、こんなところにも工夫があるのだと驚かされた。