12月 23, 2019 スーパーマーケット リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 0

アルディは、クリスマス・イブの日に店舗で売れ残った食品を慈善団体に寄付する。これは恵まれない人達に対するコミュニティー活動の一環で、同社はクリスマスと次の日を休日とするため、クリスマス・イブの日午後4時に店舗で売れ残った食品を地域の慈善団体に寄付する。店舗あたり20から30のクレート(梱包の箱)が配られると述べている。但し、これは英国の店舗で行われる寄付で、今年で3年目となる。アルディ全体では、昨年のクリスマスに50万食ほどの寄付が行われたそうである。 

アルディUSAはこのプログラムに参加していないが、年間を通して地域のフード・バンクなどに対して寄付を行っている。インディペンデント

スーパーマーケット・チェーン大手のクローガーも地域毎に、同様なプログラムを持っており、同社の企業目標にも飢餓対策が含まれている。

明日24日のクリスマス・イブから来年の元日までブログをお休みさせて頂きます。
皆様良いお年をお迎えください。