3月 12, 2020 オンライン・リーテイラー コンビニエンス・ストア 流通業 0

アマゾンのキャッシャー・レス・テクノロジーであるジャスト・ウォーク・アウト・テクノロジーを導入した店舗が今月16日に、ニュージャージー州ニューアークのリバティー空港のターミナルCにお目見えする。OTG(On the Go)という350以上のレストランと小売店を空港で運営する会社のCIBO Express(チーボーは気軽に食を楽しむ人達の意)に導入され、ニューヨークのラガーディア空港店にも近く導入される。この店は、「グラブ&ゴー」の店として利用されており、現在もセルフ・チェックアウトのシステムが導入されているが、個々の商品をスキャンする必要がある。アマゾンのシステムが稼働すると、クジレット・カードを使って入場するだけで、精算は自動的にカードにチャージされる様になる。テククランチ

空港では、時間がなくて買物を諦める事も多いので、このシステムは非常に便利である。次回ニューアーク空港、ラガーディア空港利用時には是非試してみたいと思う。