8月 22, 2021 スーパーマーケット ディスカウント・ストア 会員制倉庫型店 流通業 0

ベストライフ」というオンライン・メディアが、「アクシオス・ハリス・ポール」が昨年12月から今年2月にかけて行った企業の評判調査を元に、消費者の信頼感でグローサリー・チェーンのランク付けを行った結果を発表した。この評判調査は42,935人のアメリカ人を対象に、先ず知名度の高い100社を選んでもらい、次のグループが選ばれた企業を、認知度、倫理感、成長、商品/サービス、企業市民、ビジョン、文化などの尺度を使って評価した。トップの評価を得たのはコスコで総合点が100点満点で80.1(100社中9位),2番目がウェグマンズで79.2(13位)、3番目がパブリックスで78.2(23位)、4 番目がクローガーで77.5(30位)、5番目がターゲットで76.0(41位)、6番目となる一番評価の低かったのはウォルマートで69.7(83位)だった。コスコは昨年の7位から下がって9位、ウェグマンズは昨年の6位から13位に後退、クローガーは昨年の9位から今年は30位に後退、ターゲットは昨年の51位から今年は41位に上昇、ウォルマートも昨年の85位から今年は83位に上がってきている。

パンデミック下で、オンライン販売や安全措置など対応策によって各社の評価も変わった様である。因みに、全ての業界での1位は、昨年の32位から躍進したパタゴニアだった。