8月 24, 2021 ディスカウント・ストア 流通業 0

「ウォルマート」は自社のオンライン注文の配達のネットワークを構築してきているが、その配達サービスを他のビジネスに提供する「ゴーローカル:GoLocal」を始めると発表した。同社は、過去3年ほどで、3000ヵ所以上の店舗から16万以上のアイテムを、アメリカの世帯の70%ほどに、自動運転車、ドローン、マーケット・フルフィルメント・センターなども使い配達できる能力を開発した。このネットワークとテクノロジーを外部のビジネスに提供しようという試みである。配達は様々なパッケージに対応、全米の地域で利用でき、配達は「ホワイト・ラベル:ウォルマートの名前を伏せ依頼人のブランド」でサービスされる。費用は、内容によって異なるが「エブリデー・ロー・プライス」で提供される。フレキシブルな対応によって、全米の小売業、スモール・ビジネス、個人から個人への配達まで広く利用が可能となる。

「ウォルマート+」などの配達によって構築されたノウハウを、外部のビジネスに提供することで、配達コストを下げるのが目的と思われる。既に大手小売業数社とも契約したと言われるが、地域に数多くある配達会社に対してどの程度競争力を発揮できるかが成否を決めると思われる。