9月 30, 2021 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、今年のホリデー商戦のキックオフとなる「ターゲット・ディール・デイズ」を10月10日から12日の3日間に行うと発表した。数千のアイテムのディールを、オンライン、アプリ、全ての店舗(今年初めて)で提供する。また、売価はシーズン中、保証されており、購入後12月24日までにその商品の値引きがあった場合は、差額を調整する。また購入後14日以内は、選ばれた他の小売業の売価の売価に対して差額の調整を提供する。選ばれた小売業となっているが、実際にはAmazon、ウォルマート、ベストバイ、コスコなども含まれており、倒産による閉店セールなど以外は全て含まれる。

ターゲットの低価格保証対象となる競合他社

今年は、デルタ株による不透明な景気動向などで、ホリデー商戦が早く始まる様である。また、サプライ・チェーン問題に対処するため、各社在庫を増強しているため、販促も積極的になると思われる。一方Amazonは、第三者セラーの売上が半分以上となるため、AIを駆使した需要予測によるセラーへの情報提供を強化していると予測される。果たして今年のホリデー商戦の勝ち組はどこになるか興味深い。