11月 26, 2021 オンライン・リーテイラー 流通業 0

昨日の感謝祭はホリデー商戦の本格的な始まりとなるが、感謝祭日のオンライン売上は51億ドルで、予測の下限だったとアドビ・アナリティックスが発表している。これは、昨年とほぼ同じ額となり、2019年と比べると21%増加となる。ブラック・フライデー、今日のオンライン売上予測は88億ドルから96億ドルで、2020年は90.3億ドル、2019年は74.3億ドルだった。

一方、ホリデー商戦全体のオンライン売上は、昨年から10%増加し2070億ドルに達すると予測されている。CNBC

今日の店舗の来客数は、かなり増えているとニュースなどで報道されている。全米小売業協会は、ホリデー商戦全体で、店舗とオンラインを合わせ8434億ドル(+8.5%)から8590億ドル(+10.5%)と予測している。