11月 27, 2021 ダラー・ストア.チェーン 流通業 0

ダラーストア・チェーン大手のダラー・ツリーは、10月30日で終わった2021年度第3四半期の売上が、前年度比3.9%増加して64億ドル、営業利益が33.3%減少して3億ドル、純利益が34.3%減少して2億ドル、1株あたりの利益は31.0%減少して$0.96だったと発表した。既存店売上は、ファミリー・ダラーで2.7%、ダラー・ツリーで0.6%それぞれ増加、全体では1.6%の増加だった。同期に125ヵ所で新開店、34店舗を移転,23店舗を閉鎖した。また、450店舗のファミリー・ダラーH2フォーマット(コンボ店)への改装を終えた。

ダラー・ツリーでは、過去35年間売価を$1に抑えてきたが、インフレ下で売価変更を余儀なくされた。ほとんどの商品は$1.25に引き上げられる。この変更によって、在庫が減らされていた人気商品などを復活、顧客にさらにバリューを提供する。