12月 14, 2021 スーパーマーケット 流通業 0

アルバートソンズは、新しく2つのデジタル提供を始めると発表した。食事の献立提案サービスとなる「ミール・プラニング」と定期購入品を自動的に提供するサービスとなる「オート・レプレニッシュメント」である。ミール・プラニングは、プロのシェフが開発した、毎日の食事のアイデアとレシピを顧客の好みにパーソナライズして提供、レシピにそった必要な食材も、ピックアップか配達で購入する事ができる。ミーライムとのコラボで提供される。

Mealimeのスクリーン・ショット

オート・レプレニッシュメントは、「スケジュール&セーブ」と呼ばれ、家庭で使われる必需品の在庫を切らさないように定期的に注文してくれるサービス、レプレニアムとのコラボで始められる。定期的に購入することで割引が提供され、利便さと節約を提供する。すでに、北カリフォルニアの一部のセーフウェイ店舗で始められており、2022年には全米に拡大される計画である。

毎日の夕食の献立は主婦や主夫の悩みの種となりやすく、食材購入も合わせたサービスは利用価値が高いと思われる。好き嫌いやアレルギーなどを登録しておくと、それらに合わせたメニューが提案される。定期購入は、Amazonが以前から提供しており、通常5%程度の割引が提供されるので筆者も利用している。ただ、売価は購入時のものとなるため、いつの間にか高くなっている時が少なくない。最近はインフレ気味なので特に多く見られる。

AmazonのSubscribe & Saveのスクリーン・ショット