12月 20, 2021 アパレル オンライン・リーテイラー ショッピング・センター ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ デパートメント・ストア 宝飾・チェーン 家電・電子機器チェーン 流通業 0

先週の土曜日18日は、「スーパー・サタデー」と呼ばれる、クリマス前最後の土曜日だったが、センソーマティック・ソリューションズによると、来店客数は2020年に比べて19.4%増加したが、前年比47.5%増加した感謝祭の翌日であるブラック・フライデーには及ばなかった。また、2019年との比較では26.3%の来店客数減少となる。ブラック・フライデーの客数も、2019年比では28.3%の減少とレポートされている。一方、アドビ・アナリティックスによると、スーパー・サタデーのオンライン売上は24億ドルで、前年比13.3%増加したとレポートされた。バロン

オミクロン株による感染が急増しているが、買物客はあまり影響を受けていない様である。今年は、昨年に比べ、クリスマスの飾り付けなども盛んである