5月 5, 2022 スーパーマーケット 流通業 0

自然食品を中心としたスーパーマーケット・チェーンであるスプラウツ・ファーマーズ・マーケットは、4月3日で終わった2022年第1四半期の業績を発表した。売上は前年比で4.2%増加して16億ドル、既存店売上は1.6%増加、純利益は6.3%増加して0.9億ドル、1株あたりの利益も12.9%増加して$0.70だった。今期6ヶ所で新規開店し、チェーン全体で23州、379店舗となった。

2022年度全体では、続くインフレーションの影響で、総売上、既存店売上、利益とも成長するが、前期の予測の下限に下方修正している。

Sprouts Farmers Market

先日のAmazonの業績発表以後、Ebay,Etsy,Shopifyなどテクノロジー企業の株価が2桁台で下がっており、今後の成長が危ぶまれている。2000年初めのテクノロジー・バブル崩壊とまではいかないかもしれないが、それなりの調整が起こる様である。