5月 20, 2022 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、同社の「ウォルマート+」会員に対して、「ウォルマート+ウィークエンド」と名付けられた特別セールを行うと発表した。時期は、夏の始まりとなるメモリアル・デー後の週末、6月2日から5日となる。オンライン注文の無制限配達を受けられる会員に対する、オンライン専用セールとなり、今年の夏のホット商品であるシャーク掃除機、ミニマウスのプレイハウス、サムスンのギャラクシーS7、プレイステーション5,ピット・ボス・ペレット・グリル、ゲートウェイのラップトップなどを含み、家電、アパレル、ホーム、玩具、スクールとアート用品、アプライアンス、バックヤード&サマー・ファンまで幅広いカテゴリーに渡る多くの商品が用意されている。また、この機会にウォルマート+の有料会員になると、次回のオンライン購入で利用できる$20の割引コードが進呈される。この会員特典セールは、一昨年の11月から、ブラック・フライデー、春のスペシャル・セールなど定期的に行われている。加えて、4月末から10セントに拡大されたガソリン代の割引、店舗でのスキャン&ゴー利用、6ヵ月の音楽配信サービスである「スポティファイ・プライアム」期間限定会員などの特典も用意されている。

このところ、テクノロジー企業に加えて小売業の株価も大幅に下がっており、ベア・マーケット(20%以上の下げ相場)になっている。Amazonは既に5月4日から夏の特別セールを始めており、今後メモリアル・デーにかけて多くの小売業がセールを開催すると予測される。