6月 13, 2022 オンライン・リーテイラー 流通業 0

ドローンによる配達は、ウォルマート、アルファベットのウィング、UPSなどが既にテスト稼働しているが、10年前ほどから計画していたAmazonが、今年後半にやっとドローン配達を始めると発表した。この計画には、数百人の科学者、エンジニア、航空専門家、未来派などが関わり研究を重ねており、カリフォルニア州ロックフォードでいよいよ配達を始める。ロックフォードは、州都のサクラメントの南約40マイルにある地域で、人口は3,500人余りだが、20世紀初頭の飛行家の一人として著名な、ウェルドン・クックが住んでいたところでもある。配達が始まると、地域のプライム会員は、数千のプライム・エア該当の商品から注文でき、配達の選択肢の一つとして表示されるプライム・エアを選ぶと、配達予定時間が知らされる。30分以内にドローンが顧客宅に到着すると、裏庭の安全な高さまで降下し、配達商品を落とす。Amazonの配達ドローンは、FAA(連邦航空局)の厳しい運行条件を満たした3社に入っており、飛行中には障害物を認識する機能を備え、コースを調整しながら運行、商品の落下も人間、動物、障害物などがない事を確認して行う。CBSニュース

Amazon MK27-2型ドローン

ジェフ・ベイゾスは、2013年末に、テレビ番組「60 Minutes」のインタビューで,ドローンによる配達をテスト中で、4−5年以内には実用化されると述べていた。2020年にはFAAの認可を得たが、地方自治体の規制などもあり、試作機から数えて4世代目のドローンで今回初めて実用化を迎える。