6月 17, 2022 スペシャリティー・ストア ディスカウント・ストア デパートメント・ストア 家電・電子機器チェーン 流通業 0

今週末の日曜日は父の日となるが、全米小売業協会(NRF)とプロスパー・インサイツ&アナリティックス調査によると、今年の総消費額は、昨年の201億ドルから微減して200億ドルになると予測されている。調査結果では、成人の約76%は父の日を祝うと答えており、1人平均$171.79の消費額となる。何を贈るかが最も重要な要素だと考えられており、ユニークでちょっと違う贈り物と答えた回答者が44%、特別な思い出と答えた回答者は37%だった。コンサートやスポーツ競技のチケットなど経験のギフトを贈ると答えた回答者は25%、37%の回答者はサブスクリプション・ボックスのギフトによって、継続するお祝いを計画している。また、64%の回答者は、価格の高騰をレポートしている。最も多い消費では、夕食やブランチへの外食で平均$32.29、2番目は衣料で$26.62、3番目はギフト・カードで$23.02だった。購入先では、34%が百貨店、グリーティング・カード小売などのスペシャルティ・ストア、家電小売、ディスカウント・ストアが、それぞれ22%だった。この調査は、5月2日から9日の間に8,297人の消費者を対象に行われた。

母の日の1人あたりの消費額は$250足らずで、父親は母親の70%ほどの価値だと思われている様である😅