9月 29, 2022 オンライン・リーテイラー ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、毎年増加しているeコマースに対して、フルフィルメント・センター(FC)などインフラに投資を続けているが、4ヵ所計画されている、次世代のフルフィルメント・センターの最初の施設が、イリノイ州ジョリエットに完成したと発表した。この施設は110万平方フィートの広さをもち、数百万の商品をピック、梱包し顧客に直接送付する。最新のテクノロジーが導入されており、ウォルマート・フルフィルメント・サービスを利用する、マーケットプレイスのセラーの商品も取り扱う。最新のFCは、ロボット、マシーン・ラーニングなどを駆使し、通常のFCで行われている12のステップを5ステップに短縮、速やかなフルフィルメントを行う。4ヵ所の施設が全て完成すると、国内の人口の75%に対して、翌日又は2日間の配達が可能になる。「顧客は、より速い配達を予期しており、その期待に応えられる事を嬉しく思います。」と、フルフィルメント・ネットワーク・オペレーションSVPのカリサ・スプレイグは述べている。同施設では、今年末までに1,000人を雇用する計画で、現在雇用を進めている。グランド・オープニングの式典では、地域の慈善団体2ヵ所に、$15,000ずつの寄付を行なった。ビジネス・ワイア

3501 S Brandon Road, Joliet, IL 60436

Walmart Fulfillment Center

今年のホリデー商戦に向けた準備の一つともなる様である。最近でもそこらじゅうでAmazonの配達用のバンを見かけるが、今後もっと増えると交通渋滞にも悪影響を及ぼすだろう。個人の利便は公共の不便にもなる様である。尤も、消費者が皆店舗に買物に行けばもっと混み合うかも知れないが。