10月 5, 2022 オンライン・リーテイラー コンビニエンス・ストア スーパーマーケット 流通業 経済 0

最近、毎日の様に景気後退の兆しを伝えるニュースを聞くようになった。ニューヨーク・タイムスは、Amazonのメールによる社内告知を入手し、同社の本社要員のうち小売関連部門の採用凍結を報じている。影響を受けるのは、フィジカル店舗、オンライン小売ビジネスとロジスティックスの本部要員でテクノロジー部門も含む。同社の社員採用のサイトでは、10月3日夜の時点で、小売ビジネスとロジスティックスで、1万人以上の募集が、掲載されていた。

一方、利益率の高いクラウド部門(AWS)、学生などのインターンシップは、採用凍結から除外されている。同社広報担当のブラッド・グラッサーは,「全社では、まだ相当数の空きがあります。一部のビジネスは他の部門に比べて成熟しています。我々は、それぞれのビジネスでの採用戦略を調整しています。」と公式にメールで答えている。同社は第2四半期末で前期より10万人少ない152万人を雇用、民間の雇用主として2番目の規模となり、国内全体の雇用状況にも影響を与える可能性も少なくない。

Amazon Goのトーランス店もまだ開店していない。9月半ばのウィティア店開店時に、近日開店と言われていたが、多少遅れるかも知れない。既に建物にはサインが出ているが・・・

Amazon Go Torrance, 21035 Hawthorne Blvd, Torrance, CA 90503