10月 26, 2022 ディスカウント・ストア 流通業 0

ターゲットは、アップルのショップ・イン・ショップスを2021年から店内に開設しており、当初に比べて3倍となる150ヵ所以上に拡大している。最近、このショップの広さを倍増、アップルでトレーニングを受けたターゲット・テク・コンサルタントを配置して顧客のホリデー・ショッピングをより良くすると発表した。加えて、4ヵ月のアップル・フィットネス+お試し期間と1ヵ月アップル・サービシスのお試し期間を提供、これらは商品購入無しでも得られる。ターゲットのロイヤルティ・プログラムである無料のターゲット・サークルを通して加入することができる。アップル・フィットネス+は、最近様々なフィットネス・ビデオなどを加え強化されており、アップル・サービシスは、icoud+, Apple Musioc, Apple Arcae,そしてAppru News+が含まれ、一部のサービスは5ヵ月のお試し期間となる。

Target Circle Partners

アップル・フィットネス+は、iPhoneなどアップルの商品を購入すると、4ヵ月のお試し期間が付くが、ターゲット・サークルで申し込むと同じサービスが購入無しで得られる事になる。試そうと思っていた人達にとってはアピールするが、ターゲットの来店動機になるかどうかは疑問である。しかしパートナーシップによって両社のサービスの認知度は高まるだろう。今年のホリデー商戦は、競争が激しくなると予想されており、これからもブランド間のコラボが増えると思われる。