11月 23, 2022 デパートメント・ストア 流通業 0

ノードストロム百貨店は、10月29日で終わった2022年度第3四半期の売上が、前年比2.9%減少して34億ドル、クレジット・カード収入を含む総収入は2.5%減少して35億ドル、既存店売上は2.9%減少、損失が0.2億ドル(前年は0.64億ドルの黒字)、1株あたりの損失は$0.13($0.39の利益)だったと発表した。部門別の既存店売上では、ノードストロムが3.4%減少、ノードストロム・ラックが1.9%減少だった。デジタル販売が占める割合は34%で、前年の40%から減少した。

CEOのエリック・ノードストロムは、予測通りの結果で、需要が落ちてきた6月以降、在庫と経費を圧縮しており、マクロ環境の変化に備えている。市場に隣接した在庫とサプライ・チェーンの改善など戦略的イニシアチブを進め、長期的な利益成長を目指すと述べている。

通年では、総収入で5%から7%の増加、調整後1株あたりの利益で$2.30から$2.60を予測している。

Nordstrom FY2022 Q3 Results

メイシーズ百貨店は売上で前年比3.9%、既存店売上は直営で3.1%、ライセンスを含み2.7%それぞれ減少、コールス百貨店は、総売上で7.2%、既存店売上で6.9%それぞれ減少しており、ノードストロムの結果は相対的に良いと思われる、特にラックが持ち直してきており、ホリデー商戦で成長する可能性がある。明日は感謝祭の日で、ウォルマート、ターゲット、コスコ、メイシーズ、コールス、ベスト・バイ、ディックス・スポーティング・グッズ、ホーム・デポ、ロウズ、サムズ・クラブなど多くの小売業が閉店します。スーパーマーケットは開いてますが、午後早めに閉めるところが多い様です。ブログもお休みしますのでご了承ください。

Happy Thanksgiving!