11月 25, 2022 オンライン・リーテイラー ショッピング・センター ジェネラル・マーチャンダイジング・ストア スペシャリティー・ストア スポーティング・グッズ ディスカウント・ストア デパートメント・ストア ホーム・インプルーブメント・センター ホーム・ファーニッシング 会員制倉庫型店 家電・電子機器チェーン 流通業 経済 0

アドビ・アナリティックスによると、感謝祭のオンライン売上は、昨年から3%ほど増えて52.9億ドルに達したと発表、今年のホリデー商戦の不振を危惧する業界の懸念を払拭している。消費者はインフレーションにも関わらず、ストローラー、スピーカー、アウトドア・グリルなどが良く売れたそうである。オンライン購入でのスマートフォン利用も急増し、全体の55%を占めた。今日のブラック・フライデーのオンライン売上は、昨年から1%増えて90億ドルに達すると予測している。一方、過去2年以上減少した店舗での購入も、今年は相当増えると予測されている。アドビ・アナリティックスは、1兆件以上のオンライン訪問の購買状況を分析している。ロイター

Walmart Black Friday Deals

一方、全米小売業協会(NRF)は、今年の感謝祭の週末にアメリカの人口の半分近くとなる1億6,630万人が買物をすると予測しており、昨年より800万人増え2017年以降の記録となる。買物日では、ブラック・フライデーが最大で1億1,490万人、次がサイバー・マンデーで6,390万人となる。この調査はプロスパー・インサイツ&アナリティックスによって、7,719人の成人を対象に、11月1日から8日の間に行われた。

尚、NRFはホリデー商戦となる11月と12月の売上は、昨年から6%から8%増え9,426億ドルから9,604億ドルになると予測しており、過去10年平均の年4.9%増加をかなり上回ると見られる。