6月 16, 2023 Uncategorized グローサリー配達 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、同社のサプライ・チェーンの改善策の一環となる、次世代のハイテク・フルフィルメント・センターを、インディアナ州インディアナポリスの北東20マイル(約32.2キロ)のマコーズビルで、昨日正式に開業したと発表した。この施設は220万平方フィート(約20万平米)の広さを持ち1,000人以上の社員で運営され、同社のフルフィルメント・センターでは最大の施設となる。この施設の完成によって、他の最新の施設と合わせ、国内の95%の世帯に発送が可能となり、翌日か2日間の配達網が拡大する。この開業を祝って、ウォルマートは地域の2つの団体に対して$5,000ずつ寄付を行なっている。ウォルマートは、インディアナ地域の顧客に対して、現在127ヵ所の店舗とオンラインで奉仕している。ビジネス・ワイア

2020年の10月から工事が行われていた、メトロの小東京/アーツ・ディストリクト駅が今日正式に開業、幾つかの路線が接続された。他にも、ダウンタウンで、ブロードウェイ通りと2番街のヒストリック・ブロードウェイ駅、ホープ通りと2ndプレースのグランド・アベニュー・アーツ/バンカー・ヒル駅が開業しており、ダウンタウンから郊外に行くのに、乗り換えが減り便利になる。“A”ラインは、東のアズサからロングビーチまで、“E”ラインは、東ロサンゼルスからサンタモニカまでとなる。他のラインへは、それぞれダウンタウンの駅から接続できる。紹介ビデオはこちら。現在工事中のLAX空港のピープル・ムーバーとメトロの接続駅となるLAX/メトロ・トランジット・センター駅も、2024年から2028年の間に完成予定である。