6月 22, 2023 ディスカウント・ストア ホーム・インプルーブメント・センター 流通業 0

昨日発表された、アマゾン・プライム・デーのセールに合わせて、大手ディスカウント・ストアも対抗したセールを行う。ターゲットは、「ターゲット・サークル・ウィーク」と銘打ったセールを7月9日から15日に開催すると発表、同社のロイヤルティ会員であるサークル会員には特別のディールも提供する。最大50%割引となるセールで、ダイソンやキューリグなどを含む人気ブランドから、ターゲットの専売ブランドまで対象となる。サークル会員でない顧客は、事前に無料で会員になることができる。店舗だけでなく、同社の即日サービスとなる、ピックアップ、ドライブ・アップ、シップトによる即日配達も利用できる。

NBCニュースによると、ウォルマートは「ウォルマート・プラス・ウィーク」のセールを7月10日から13日まで行うと発表した。一般顧客には、7月11日からのセールとなるが、ウォルマート+の会員には、1日早く10日からセールが提供される。その前に会員になると、10日からのセールに加えて、パネラ・ブレッド、ローバー、スパファインダーなどの特別割引の特典も加えられる。また、ウォルマート+の会員は、ブラック・フライデー・セールなど他のセールでも、一般顧客より早く参加できる。会員費は年間$98、または月額$13となる。

ホリデー商戦に加えて、7月のセールも定着してきている様である。特に今年は商品消費が伸び悩んでおり、ディスカウント・ストアだけでなく、ホーム・インプルーブメント・センターのホーム・デポロウズなどでも、既に何らかのセールを行なっている。