7月 21, 2023 スーパーマーケット ダラー・ストア.チェーン ディスカウント・ストア デパートメント・ストア フードサービス リミテッド・アソートメント・ストア 会員制倉庫型店 流通業 経済 0

小売店舗への来店客数などを調査しているプレイサーaiが、2023年第2四半期の来店客動向をレポートしている。小売店舗への来店客数の減少は第1四半期から、4月、5月も続いた。しかし、第2四半期の終わりには改善が見られ始めている。小売店舗全体の来店客数は、第2四半期で前年比1.8%減少しているが、ディスカウント&ダラー・ストアでは4.7%増加、グローサリー・ストは0.4%増加、急増したのはフィットネス・クラブが+19.3%、カーウォッシュが+18.5%となる。一方、スーパーストアは-2.4%、モールは-2.7%と減少している。

ディスカウント&ダラー・ストアで、来店客が前年比で増えたのは、ファイブ・ビロウが+14.5%ダラー・ツリーが+10.5%、オリーズ・バーゲン・アウトレットが+8.4%、オーシャン・ステート・ジョブ・ロットが+8.3%、バーゲン・ハントが+7.0%、ファミリー・ダラーが+5.1%、減少組は、ダラー・ジェネラルが-2.9%、99センツ・オンリー・ストアズが-4.8%%だった。

グローサリー・ストアでは、来店客が前年比で増えたのは、トレーダー・ジョーズが+9.7%、ウィンコ・フーズが+5.5%、アルディが+5.4%、ショップライトが+2.8%、H-E-Bが+2.5%、ボンズが+2.2%、セーフウェーが+1.6%、減少組は、アルバートソンズが-0.8%、マイヤーが-2.3%、クローガーが-4.9%だった。

スーパーストアで、来店客が前年比で増えたのは、コスコが+0,7%、減少組は、サムズ・クラブが-0.3%、ウォルマートが-2.8%、ターゲットが-2.8%、Bj‘s ホールセール・クラブが-4.2%だった。

インフレーションの影響か、低価格のバリュー店舗が好調で、サービス消費は成長しているようである。