7月 22, 2023 オンライン・リーテイラー スーパーマーケット 流通業 0

アマゾンの掌認証であるアマゾン・ワンが、ホール・フーズ・マーケットの全店で利用可能になる。アマゾン・ワンは、全米で400ヵ所以上の施設で、支払い、会員証明、入場などで利用されており、300万人以上の利用者に成長している。今回、傘下のホール・フーズ・マーケットの500ヵ所以上の全店舗にも、今年中に導入されると発表され、利用する顧客は財布やスマートフォンを持っていなくても簡単に支払いを済ませる事ができるようになる。また、アマゾン・ワンにプライム会員として登録している顧客は、ホール・フーズ・マーケットで、特別割引などが自動的に適用される。既に、200ヵ所以上のホール・フーズ・マーケットには導入済みである。

今年5月には、アマゾン・ワンに年齢確認の機能も追加されており、利用者は政府発行の顔写真付きの身分証明書をアップロードすることで利用できる。これによって、年齢制限のある飲料購入も可能となっており利用範囲が広がっている。

多くの人達が一斉に利用するところでは、入場が必ずボトルネックとなる。アマゾン・ワンの利用が広まれば混雑がかなり軽減されると思われ、アマゾンにとってはネットワーク拡大となる。費用の問題もあると思うが機器導入自体が赤字でも、効果を考えると双方に投資効果があると思われる。飛行場の保安などでも導入してくれると便利だが、公的機関はまだ難しいかもしれない。