8月 5, 2023 スーパーマーケット 流通業 0

自然食品マーケットのスプラウツ・ファーマーズ・マーケットは、7月2日で終わった2023年度第2四半期の業績を発表した。

スプラウツ・ファーマーズ・マーケット2023年度第2四半期前年比増減
総売上$1,692,247+6.1%
営業利益(減価償却、店舗閉鎖経費含む)$91,616+5.9%
純利益$67,334+8.6%
1株あたり利益$0.65+14.0%
単位:1,000ドル(1株あたり除く)

既存店売上は3.2%増加、同期に6ヵ所で新開店、10ヵ所を閉店、全体で23州391店舗のチェーンとなった。CEOのジャック・シンクレアは、「ゴー・ツー・ヘルシー食品小売」のスローガンをもとに成長、客数が増加し、サプライ・チェーンの改善、革新的な商品など長期的な成長戦略を進めています。」と述べている。

2023年度全体では、売上で5%から6%の伸長、既存店売上で2%から3%の伸長、調整後1株あたりの利益で$2.68から$2.76、設備投資額1.9億ドルから2.1億ドルを予測し、前期の予測を多少上方修正している。

パンデミック時に開店された大型店を閉鎖、本来の強みだった小型の買いやすい自然食品マーケットとして業績が回復している。

先日紹介された、アマソン・フレッシュ店舗の改装が、南カリフォルニア地区でも始まっている、近くのパサデナ店へ寄ったら、JWOの廃止(改装中だけの停止の可能性もある)、食肉とシーフードの対面売場を閉めて改装していた。案内にはセルフ・レジ導入、クリスピー・クリーム売場、3,000アイテムほどの新商品となっている。プライム会員には、$50で20%割引のクーポンを発行し、特販の商品も結構あり、店内はそこそこの来店客がいた。ただ、有人レジが1ヵ所で、顧客サービス・カウンターでも精算していたが、列が出来ていた。

JWOは、通常のグローサリー店では難しいのかも知れない。筆者はいつも使っていたが、これまで数回間違いがあった。ほとんどが、セール価格が反映されていないケースである。顧客サービスに連絡すると、該当商品のチャージ全体をすぐに取り消してくれるが、無料でもらうのは気が引けるので、間違わないようにしてもらいたい。セルフ・レジも良いが、ダッシュ・カートも入れてくれるといいのだが。