8月 9, 2023 ディスカウント・ストア リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 0

ディスカウント・グローサリー・チェーンのグローサリー・アウトレットは、7月1日で終わった2023年度第2四半期の業績を発表した。

グローサリー・アウトレット2023年度
第2四半期
前年比
増減
総売上$1,010,255+12.5%
営業利益$36,481+35.6%
純利益$24,471+21.8%
1株あたり利益$0.24+20.0%
単位:千ドル(1株あたり除く)

既存店売上は9.2%増加、うち客数は9.1%増加、客単価は横ばいだった。同期、4ヵ所を新開店1ヵ所を閉鎖し、全体で8州447店舗チェーンとなった。この結果を踏まえ、2023年度全体では、売上で最大39.5億ドル、既存店売上で7.0%から8.0%の増加、調整後1株あたりの利益で$1.04から$1.08の予測に上方修正している。新規開店は25ヵ所から28ヵ所、設備投資は、最大1.55億ドルとなる。

物価上昇で値打ちを追求する消費者によって、売上が成長している。最近、広がった顧客層に合わせ、品揃えも改善されてきている。

*同社はフランチャイズで、それぞれの店舗はオーナーが運営しており、地域に密着したサービスを提供している。また、商品在庫は、本社の管轄となり、店舗で売れた時点で利益をフランチャイジーと折半するやり方で、店舗のフランチャイズ・オーナーを在庫管理や仕入れの任務から解放し、地域の購買動向に応じて、本部が仕入れた商品の選択をするだけで適切な品揃えができるようにされているユニークなシステムを持っている。

ターゲットは、提供地域で好評を得ている、スターバックス飲料のドライブ・アップのサービスを、今夏から秋にかけて全米の店舗に拡大すると発表した。ターゲットのオンライン注文のピックアップ・サービスに付加され、ピックアップ時に注文したスターバックス飲料を、1,700ヵ所以上の店舗のカーブサイドで受け取る事ができる。注文は、コンピューターか同社のアプリを使って行い、ピックアップにスターバックス飲料追加を選択し支払いを済ませる。ターゲットのドライブ・アップの駐車場に着いた時点で、「I’m Here:着きました」をアプリでクリックすると、ターゲットの社員が車まで購入商品と飲料を無料で運んでくれる。ターゲットは、スターバックスと過去20年に渡るパートナーシップを維持しており、両社のサービス改善に寄与している。

このサービスは、テークアウト・フードにも拡大可能である。オンライン・グローサリー購入のピックアップのついでに、ピザやハンバーガーなどがピックアップ出来れば便利この上ない。味が良い事が前提だが・・・