8月 16, 2023 ディスカウント・ストア リミテッド・アソートメント・ストア 流通業 0

ターゲットは、7月29日で終わった2023年度第2四半期の業績を発表した。

ターゲット 2023年度第2四半期前年比増減
総売上$24,384-4.9%
総収入$24,773-4.9%
営業利益$1,197+272.9%
純利益$835+356.5%
1株あたり利益$1.80357.6%
単位:100万ドル(1株あたり除く)

既存店売上は前年比で5.4%減少、うち客数は4.8%、客単価は0.7%減少した。粗利率が5.5%改善し、営業利益率は4.8%となった。商品カテゴリーでは、必需品とビューティー、食品と飲料が成長、任意購入カテゴリーが減少した。即日サービスは4%ほど成長、うちドライブ・アップが7%ほど成長し、デジタル要因の販売は全体の16.9%となり前年比で1%減少した。フルフィルメントは97.6%が店舗で行われた。同社のレッドカードは、売上の18.6%を占め、前年比で1.5%減少した。店舗数は同期末で1,955店舗となっている。この結果を踏まえ、今年後半は、既存店売上で1桁の中間で減少、今年度全体の1株あたりの利益で$7.00から$8.00の予測に下方修正している。

同社CFOのマイケル・フィデルキーは、売上減少を、インフレーションによる任意購入の減少などマクロ環境が影響しており、包含商品販売によるボイコットに関しては多少の影響だったと述べている。

リミテッド・アソートメント・チェーン大手のアルディは、400ヵ所ほどのウィン・デキシーとハービース・スーパーマーケットの買収に合意したと発表した。アルディの店舗が少ない、南東部での拡大戦略の一環となる。アルディUSのCEOジェーソン・ハートは、「ウィン・デキシーやハービース・スーパーマーケットは、アルディと同様にロイヤルな顧客を多く培う長い歴史を持ち、我々はこれらのお客様にこれからも奉仕します。」と述べている。この買収によってアラバマ、フロリダ、ジョージア、ルイジアナ、ミシシッピーの諸州の店舗網を拡大する。地域によって、一部の店舗はアルディに改装されるが、他はそのままのバナーで運営される。

アルディUSの他チェーンの買収は最近あまり聞かなかっが、同社の1号店は、アイオワ州のジャイアント・フードを買収して開店され、その後も拡大するにつれ数多くの買収が行われたと、ウィンサイト・グローサリー・ビジネスが報じている。