8月 31, 2023 オンライン・リーテイラー 流通業 0

アマゾンは、同社のセラーに提供している「バイ・ウィズ・プライム」のアプリを「ショピファイ」のマーチャントに拡大すると発表した。これによってプライム会員は、ショピファイのマーチャントの商品をアマゾンのアプリでチェックアウトできるようになる。これによって、より速い配達及び簡単な返品をアマゾンのフルフィルメント・ネットワークで得られ、また支払いも、アマゾン・ワーレットで処理される。この新しいアプリは、8月30日からショピファイの選ばれたマーチャントに対して提供され、9月終わりまでには、希望するマーチャントに拡大される。これまでは、ショピファイのマーチャントで「バイ・ウィズ・プライム」を利用するためには、ショピファイの設定をカスタマイズするため、第三者アプリの使用などが必要だった。今回のアプリの統合によって、顧客の購入がより簡単になり、コンバージョン率が向上する。実際、既にバイ・ウイズ・プライムを利用しているマーチャントである「ドラゴン・グラスウェア」は、コンバージョン率が平均25%上がったと述べている。

ショピファイのプレスリリースのビデオはこちら

アマゾンは、マーケットプレイスのセラーなどへ提供している、フルフィルメントや支払いのサービスを、他の電子コマースのプラットフォームにも拡大することで、同社のフルフィルメント機能を最大限に活用し、生産性の改善とともに、さらに迅速で効果的なネットワークに進化させようとしている。電子コマースの大手2大企業のパートナーシップは、今後の業界の行方を示唆しているのかも知れない。