9月 1, 2023 オンライン・リーテイラー ディスカウント・ストア 流通業 0

アマゾンは、今年のホリデーに備え、25万人を雇用すると発表した。この雇用は

季節だけでなく正社員も含まれ、フルフィルメント・センター、運輸部門などに配置される。同社は、過去5年間で80万人の社員を加えており、今年の人材投資は13億ドルにのぼり、社員の平均時給は$20.50以上、地域によっては$28となっている。今年雇われるフルフィルメント及び運輸関係の社員は、今後3年で13%の昇給が得られる。勿論、キャリア・チョイスの奨学金制度も雇用された日から利用できる。その他健康保険、年金積立など様々複利と財務支援が社員に対して提供される。

ターゲットは、サークル・ウィークのセールを10月1日から7日にかけて開催すると発表した。数千の人気のギフト、季節商品、必需品などが最大40%引きで奉仕される。また、毎日のディールとなる「ディール・オブ・ザ・デイ」を10月1日から始め12月24日まで続ける。

ホリデー期間中には、店舗とオンラインに1万以上の新商品が加えられ、求めやすい売価で提供される。また、ドライブ・アップのスペース追加など、より利便なホリデー・ショッピングの詳細も発表されている。同社は、今年10万人ほどを季節雇用すると述べている。

つい先日、季節雇用がまだ発表されていないとレポートしたら、今日2社だけでも35万人が発表された。全体では予測の41万を超えるかも知れない。明るいホリデー商戦になって欲しいものである。