11月 4, 2023 Uncategorized 0

自然食品マーケットのスプラウツ・ファーマーズ・マーケットは、10月1日で終わった2023年度第3四半期の業績を発表した。

スプラウツ・ファーマーズ・マーケット2023年度第3四半期前年比増減
総売上$1,713,282+7.6%
営業利益(減価償却、店舗閉鎖経費含む)$87,655-3.0%
純利益$65,313-0.6%
1株あたり利益$0.64+4.9%
単位:1,000ドル(1株あたり除く)

既存店売上は3.9%増加、同期に10ヵ所で新開店、全体で23州401店舗のチェーンとなった。CEOのジャック・シンクレアは、客数と既存店売上が増加し、我々の社員によるマーチャンダイジング、サプライ・チェーン、オペレーションのイニシアチブが効果を表しています」と述べている。

2023年度全体では、売上で6.5%から7%の増加、既存店売上で3%ほどの伸長、調整後1株あたりの利益で$2.77から$2.81、30ヵ所の新規開店、設備投資額1.9億ドルから2.1億ドルを予測に上方修正している。

南東部を中心に7州で1,354ヵ所の店舗を展開するスーパーマーケットもパブリックスは、9月30日で終わった2023年度第3四半期の業績を発表した。

パブリックス2023年度第3四半期前年比増減
総売上$1,400+7.2%
純利益$833+111.4%
1株あたり利益$0.25+108.3%
単位:100万ドル(1株あたり除く)

既存店売上は4.3%増加した.

各スーパーマーケットはインフレーションを追い風にして好調な業績を発表している。ただ、年末にかけて、消費者の消費にバラツキが見られ始めており、業界での競争が激しくなってきている。

アマゾンが開発した、テクノロジーを駆使したアパレル・ストアであるアマゾン・スタイルが、開店後2年足らずで閉店を発表したとギークワイアが報じている。レポートによると、アマゾン広報のクリステン・キッシュは、慎重な検討の結果、アマゾン・スタイル2店舗を閉鎖し、オンライン販売にフォーカスするとメールによる返答で述べている。カリフォルニア州グレンデールとオハイオ州コロンバスにある2店舗が11月9日つけで閉店される。

アイデアはなかなか良いと思われたが、客数が予測を下回った様である。特に、廉価な商品が中心となっていため、需要予測による提案サービスが活用されなかったと見られる。また違うフォーマットで再挑戦されると期待したい。