11月 23, 2023 デパートメント・ストア 流通業 0

今年も、恒例のメイシーズ百貨店の感謝祭パレードがニューヨークで開かれた。午前8時半から始まり、マンハッタンのアッパー・ウェストサイドのセントラル・パーク・ウェストから、メイシーズ旗艦店のあるヘラルド・スクエアまで2.5マイル(4キロ)で行われた。31台以上のフロート、25個の巨大なバルーンなどが参加、ジョン・バティステやシェールも出演した。パレードのビデオはこちら

同社は、11月16日に終わった2023年度第3四半期の業績を発表している。

メイシーズ百貨店 2023年度第3四半期前年比増減
総売上$4,860-7.1%
EBITDA$312-20.4%
純利益43-60.2%
1株あたり利益$0.15-61.5%
単位:100万ドル(1株あたり除く)

粗利率は前年比で1.6%改善して40.3%だった。店舗売上は前年比7%減少、デジタル売上も7%減少した。デジタル売上は前年同期と変わらず全体の31%を占めている。既存店売上は直営部門で7%減少、ライセンス販売を含むと6.3%の減少となる。メイシーズ百貨店では、直営部門で7.6%減少、ライセンス販売を含むと6.7%減少、ブルミンデールでは、直営部門で3.2%減少、ライセンス販売を含むと4.4%減少、ブルーマーキュリーの既存店売上は2.5%増加した。宣伝広告収入となるメディア・ネットワークは0.7%増加して3,600万ドルだった。

2023年度全体では、売上で229億ドルから232億ドル、ラインセンス販売を含む既存店売上で7%から6%の減少、調整後1株あたりの利益$2.88から$3.13を予測、前期の予測とほぼ同じだが、変動幅が狭められている。

売上は増えていないが予測通りで、利益額では予測を上回り、株価は発表前より40%ほど上昇している。