12月 13, 2023 グローサリー・ピックアップ グローサリー配達 ディスカウント・ストア 流通業 経済 0

ターゲットは、ホリデーの最後の買物に忙しい顧客のために、12月23日まで営業時間を午前7時から深夜12時までに延長、24日は午前7時から午後8時まで、25日は閉店で、26日からは通常の時間に戻すと発表した。オンライン注文の即日サービスは、午後6時までに注文された商品を即日で、ドライブ・アップとピックアップを提供。シップトによる配達は、午後4時までに注文された商品を、24日まではその日中に、早ければ1時間以内に届ける。$35以上の購入が必要で、シップトの会員は無料配達、会員でない顧客は$9.99の配達料がかかる。その他12月24日までの、特別ディールも紹介されている。

先日、ウォルマートとターゲットのオンライン注文ピックアップと配達を使う機会があった。ターゲットはドライブアップだけだったが、注文してから1時間以内に準備ができた旨アプリで連絡があり、その後商品を追加したら、ピックアップ時には両方の注文が一つのバッグに入って用意されていた。店のピックアップのレーンに着いて、レーン番号をアプリに入れると1分ほどで届けれられ、気が利く社員だったので些少のチップを渡したら喜んでいた。ウォルマートの方は、ピックアップ可能な時間が翌日しかなく、一部を配達、残りをピックアップにした。ピックアップの方は、午前9時から10時の間で予約したが、準備完了の案内が来ず、店舗のピックアップのところに行って、社員に言ったら数分後に用意してくれた。それほど待たなかったが、追加の注文は別のバッグに入っており、手際の悪さを感じた。配達の方は、2個注文した商品が1個しか届かず、アプリですぐに返金してくれたが、先に連絡して欲しかった旨、レビューに書いておいた。配達は、スパークの個人だった様で、配達前にアップデートが連絡されてきたので、玄関前におかず、横の灌木の中に入れるよう頼むため書かれていた連絡先に電話したが出ず、その旨メッセージを残したが、結局玄関前においてあった。その後すぐに戻ったので盗まれはしなかったが、アマゾンの配達人は、通常、横の見えないところに置いていく。

今回の注文では、ターゲットの運営とサービスの方が優れていると思われた。

連邦準備制度委員会は、現在5.25%から5.5%に誘導されている金利を据え置くと発表、来年には3回ほど金利の引き下げを行うだろうと示唆した。市場はこのニュースを歓迎、株価を押し上げている。