12月 19, 2023 ディスカウント・ストア 流通業 0

ウォルマートは、BNPLを提供するアファームと2019年からパートナーし、顧客に簡易分割払いを提供してきたが、このサービスをセルフ・チェックアウトの機能の一つに加えて、4,500ヵ所以上の店舗で提供すると発表した。アファームによると、最近の消費者調査では54%の回答者は、BNPLのサービスを小売店で期待しており、76%の回答者は、分割払いの提供がない場合は、購入を遅らせるか諦めると答えている。

使い方は、キオスクでスキャンが終わった後、支払い画面でアファームのロゴをクリック、銀行口座やデビット・カードなど個人情報を入力する(これは支払い時でなくても、アファームのロゴが出れば事前に入力可能)、入力が終わると、支払い計画を入力する(4回払いで、2週間毎か毎月の支払いなど、利用可能額は$25から$1,000までの購入)、これで支払いが完了。ビジネス・ワイア

利子に関しては説明されていないが、アファームのサイトによると、申請者の信用度によって0%から30%、追加の遅延金などは無い。但し、支払いの引き落とす銀行口座かデビット・カードを同社にリンクする必要があり、支払い口座に額が不足する場合は、後日引き落とされる。通常のクレジット・カードなどと違い、数回の割賦払いの場合は、クレジット・ビューロー(個人信用調査機関)にレポートされないため、FICOのスコアに影響しないと説明されている。

因みに、2023年ホリデー・シーズンでのBNPL利用は、消費者の1/3以上になるとスクエアは予測しており、これは昨年より17%増加となる。