12月 21, 2023 Uncategorized 0

最近Aiが様々な分野で利用されている。大手のチャットGPTは、クリスマスを来週に控え、サンタクロースとチャットできるサービスを始めている。ただ、月額20ドルの有料の会員が対象となる。贈り物の相談からホリデーの楽しみ方までアドバイスしてくれるそうである。

アマゾンは、NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)に協力して、トナカイが引くソリに乗ったサンタクロースを追跡できるサービスを提供すると発表した。実際に1,250人の米国とカナダの軍人及び民間の関連会社のボランティアの人達がリモートで協力して、サンタクロースの動きを追跡している。アマゾンは、同社のクラウド・サービスであるアマゾン・コネクト(コール・センター)を提供、15万件以上と予測されるサンタクロースに関する電話での質問に答える。NORADは、サンタクロースの追跡を始めて、今年で68年目になる。サンタクロースもAIを利用しており、24日の限られた時間で、世界中の子供達のプレゼントを選び、配達するそうである。

小売業でも、ウォルマート、ターゲット、アマゾン、メイシーズ、クローガーを初め多くのビジネスが、ホリデー商戦で適切な商品を在庫するためにAIを活用しており、消費者が求める商品を揃えている。便利になったというか、多少操られている感じもしないでもないが、紛らわしいマーケティングよりはマシなのかも知れない。