1月 6, 2024 Uncategorized 0

ウォルマートは、同社のオムニチャネルの中心となる電子コマースの、2023年の成就を振り返って述べている。数億の商品を、年365日、週7日間、1日24時間、顧客に提供するため、昨年4月にはホームページのデザインを一新した。写真やビデオをふんだんに使い、品揃えを引き立ててソーシャル・メディアと変わらない経験を与えた。アプリはパワフルで、顧客に利便なツールを常時提供、新しい奉仕を加えている。顧客宅内への配達は、数百万件を3,000人以上の専任社員で行った。オンライン注文のピックアップと配達は、4,000ヵ所以上の店舗で可能にし、深夜の配達も加えた。これらは、すべて顧客の利便さとサービスの速さを優先したものである。買物経験を改善するため、テクノロジーを活用して、商品を実際に使う場面で表示、衣料の着付けも可能にした。Aiを使った買物も、テキスト・ツー・ショップの対話で活用、普段の生活を簡単にするための「ライフ・ハック」を提供、定期購入、レジストリー(祝い事の贈答品登録)、車のメンテ、食事のレシピなどを始めた。8月には初めて、急成長しているマーケットプレイスのセラーを対象に「セラー・サミット」を開催した。彼らの成長はウォルマートの成長でもあり、商品を、店舗内の「ブランド・ショップス」の棚にも陳列し、店舗販売の機会を加えた。これら多くのセラーは、ウォルマートのホリデー・セールなどで記録的な売上をあげている。2024年も、昨年の成功と顧客のフィードバックを元に、さらに革新的なサービスを提供していく。

ウォルマートは、広い店舗網を電子コマースに統合したオムニチャネル化によって、オンライン販売を次のフェーズに飛躍させている。次の課題は、採算性の改善となる。一方、アマゾンは、リアル店舗網の構築を試みているが、まだ規模的な問題を抱えている。今後そのまま進めるのか、別の対応策を講じるのかまだ未知数だが、オムニチャネルの進化は始まったばかりだと言うことだろう。