1月 30, 2024 オンライン・リーテイラー 流通業 0

年末商戦でお休みしていた、アマゾンのフルフィルメント・センターのツアーが今日から再開されたので行ってみた。前回はコロナ前だったので5年ぶりくらいとなる。今回行ったのは、2018年に開設された100万平方フィート(約92,903平米)の大型のセンターで、社員数約4,000人、LGB3の名前が付けられている。オンタリオ空港の方が近いので何故ロングビーチ(LGBは空港のコード)かと思ったら、数字は1桁にしてあるそうで、オンタリオ空港のONTは既に9ヵ所あるので、次に近いロングビーチになったそうである。ここは、ロボットを利用しており、以前の手作業に比べると、処理量がかなり増えたと説明していた。ロボットは床に貼られたコードを読み取り自動走行し、センサーによって障害物は自動的に避けるようになっている。作業のほとんどは、コンピューターによって指示され、間違いが少ないだろうが、単純作業となる。勿論、社員に怪我などがない様、床マットから作業台の高さまで様々な配慮がされている。ロボットによって運ばれる商品を梱包するために容器に入れる作業、それを顧客ごとの箱に梱包、SLAMと呼ばれるている、「スキャン、ラベル、アプライ・マニフェスト(発送指示書)の略」を通って、その後高速のコンベア・ベルトでそれぞれの配達トラックのローディング場へ送られる。自社のトラック、UPS,フェデックスなどを使い、傘下のラスト・マイルの配達会社、郵便局の配送センター、他のソーティングセンターなどへ送られる。規模にもよるが、1ヵ所のフルフィルメント・センターで、1日24時間で70万個から100万個のパッケージを扱うそうである。*写真は初期に使っていたロボットで、入り口の天井に飾ってあった。中の写真は撮らせてもらえなかった。Amazon Fulfillment Cenger, 4950 Goodman Rd, Eastvale, CA  91752

毎週火曜日と木曜日の、午前10時と午後2時にやっているので、興味のある方は行ってみると面白いと思います。1回のツアーは12人までで、予約はすぐに一杯になるようです。名前とメール・アドレスだけでこちらから予約可能です。