2月 12, 2024 Uncategorized 流通業 0

昨日のスーパーボウルは、カンサス・シティ・チーフスの2年連続優勝で終わったが、放送中のコマーシャルは、30秒で700万ドルと、昨年に続いて歴史的な価格となった。これらの宣伝を、ノースウェスタン大学のケロッグ大学院が宣伝のランキングを発表している。トップに選ばれたのは、グーグル・ピクセル、ドリトス、マイクロソフト、セラビなどで、下位になったのはアメリカで株式上場を目指しているテミューなどが選ばれている。全体のリストはこちら

トップに選ばれた4社のコマーシャルは、目の不自由な人のためのカメラの補助今流行りのピリ辛のドリートスマイクロソフトの多言語AIであるコーパイロット(CoPilot),セラビの男性様のスキンケア・クリームなどである。

包括、刺激的な新しい味、AI, 男性のスキンケアなど、最近売上の高い商品やサービスの話題を反映している様である。